2020年04月04日

「風の万里 黎明の空 (下) 十二国記 4 」小野不由美

3人の少女の運命は・・・?
風の万里黎明の空(下巻)

小野不由美 新潮社 2013年03月28日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

王は人々の希望。だから会いに行く。景王陽子は街に下り、重税や苦役に喘ぐ民の暮らしを目の当たりにして、不甲斐なさに苦悶する。祥瓊は弑逆された父の非道を知って恥じ、自分と同じ年頃で王となった少女に会いに行く。鈴もまた、華軒に轢き殺された友の仇討ちを誓う―王が苦難から救ってくれると信じ、慶を目指すのだが、邂逅を果たす少女たちに安寧は訪れるのか。運命は如何に。

ついに陽子、祥瓊、鈴の3人が出会い、物語は佳境へ。

国作りに悩む陽子、わがままな2人の少女、それぞれが様々な体験を通じて成長しています。
祥瓊がここまで成長するとは驚きでした。

最後は予想通りですが、明るい雰囲気で読んでいても飽きません。
迷いを吹っ切った陽子はかっこいいです。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事