2020年04月08日

「図南の翼 十二国記 6」小野不由美

恭国の物語。
図南の翼

小野不由美 新潮社 2013年10月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

この国の王になるのは、あたし! 恭国は先王が斃れて27年、王不在のまま治安は乱れ、妖魔までも徘徊していた。首都連檣に住む少女珠晶は豪商の父のもと、なに不自由ない暮らしと教育を与えられ、闊達な娘に育つ。だが、混迷深まる国を憂えた珠晶はついに決断する。「大人が行かないのなら、あたしが蓬山を目指す」と──12歳の少女は、神獣麒麟によって、王として選ばれるのか。

恭国の女王、珠晶が女王になるまでの物語です。

今までも、ちょい役で登場しており、気の強い女王との印象でしたが、まさにそのとおり!
蓬山への出発当初は12歳の子供らしい考え方をしていますが、だんだんと成長していきます。

そして周囲を巻き込む運の強さ。
まさになるべくしてなったという印象です。

最後の「大莫迦者っ!」が笑えます。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事