2020年04月14日

「白銀の墟 玄の月(一) 十二国記」小野不由美

戴国に麒麟が戻る!
白銀の墟 玄の月 第一巻

小野 不由美 新潮社 2019年10月12日
売り上げランキング :
by ヨメレバ

戴国に麒麟が還る。王は何処へ―乍驍宗が登極から半年で消息を絶ち、泰麒も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎は慶国景王、雁国延王の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。―白雉は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!

泰麒が戴国に戻り、将軍李斎と共に王を探します。
泰麒は角を失くし、麒麟としての能力は失われ、普通の人と変わらず。

戴国は王も麒麟も失われ、偽王が起っています。
そんな中、なんとかして王を探しますが・・・

王らしき登場人物は出ていますが、本当に王なのか?
物語の全貌はまだ見えません。
posted by kasuterakun at 00:00| Comment(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

先月の人気記事